技 術

バッテリーの高効率利用システム開発

EVMは、EV創生期より30年以上にわたり、リチウムイオン電池の充放電応用システムを開発してまいりました。日本国内はもちろん、海外も含めてグローバルに、バッテリー長寿命化、バッテリー劣化防止、バッテリー劣化診断、充放電容量検査、寿命検査、安全試験システムを開発・提案し、現在も世界のリチウムイオン電池の安全を日本の技術で支えています。私たちは、培った最新のリチウムイオン電池応用技術により、世界最高クラスの低電力消費率、バッテリー劣化防止機能を実現した各種EVをリリースしています。

EV商用車専用の高性能インバータ開発

EVMのEV商用車は、独自開発のマルチCPUによる水冷・IP67防水・高効率インバータを搭載し、世界最高レベルの低電力消費率とバッテリー長寿命、そして安全性を実現しました。これにより、量産タイプにおいてはこれまでのエンジン車両とほぼ同等の価格で、WLTCモードにて200㎞以上の長い航続距離を誇ります。

Level-4 自動運転システム開発

EVMは、福島県いわき市にEV専用のテストコース、自動運転コースを併設した量産EVの最終組立工場建設を計画しており、EV商用車のLevel-4の自動運転システムに取り組んでいます。最新の各種高機能センサー(DGPS、レーザーレーダー、3Dカメラなど)により、EV商用車の安全で完全な自動運転を実現します。

販売協力店・テクニカルショップ募集中

お問い合わせ